やっぱ、演奏会行くってのは幸せだね。
後輩のラストステージともなれば、なおさら。

いい演奏でした。ボロディン、良かったなあ。あと、やっぱり1812ですね。金管がないのでボリューム的に悩ましいところも多かったんじゃないかとは思うけど、マンドリンにはマンドリンの良さがあるんだと実感。ギタパががんばっていて微笑ましかった笑

いろいろな思いが詰まった演奏だったんだろうと思います。


自分の1年前の日記を見返して見たけど、やっぱりいろんなことを考えていたみたいです。んで、今でも大事な大事な思い出です。あんまりノスタルジックなのはよくないけど、これからも大事に心にしまっておきたい。

同期にも、先輩方にも、後輩にも、いろんな人に会えました。楽しかったなあ。思えば11月の3連休以降はこの日の為に生きてきたような気がしています笑

これからは、12月31日のジルベスターコンサート@みなとみらい の為に生きます◎誰と行くんだか><おかんでも誘ってみようかな・・・

********************************************

演奏会の前に、「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」見ました。
これまで「のだめ」には完全に乗り遅れていて、テレビとかでも見ていなかったんですが、十分楽しめました。登場人物それぞれに感情移入できたし、クラシック音楽がふんだんに盛り込まれているのもうれしいよねー。クラシックオタクを対象にしている訳ではない中で、なかなかバランスの取れた作品なのではないかと思います。
 
 ただし、ヒロインのあの話し方だけは・・・生理的に厳しい><普通に話してくれればいいのに。自分のキャパが小さいんでしょうね。
 
 あと、せっかく舞台がフランスなんだから、サン=サーンスを聴きたい。のだめとRuiでピアノ弾いてオルガン付きやればいいのに