2006年09月

レビュー(笑)

最近、調子に乗って東京事変なんぞを聞いてしまっていました。よって、感想(謎)


修羅場・・・デビューシングル??なのかな?でもボクが気に入ったのは終曲の「落日」の最後の林檎タンのMC

教育・・・群青日和ってのがお気に入りですかね^^結構ハードな感じ。もちろん普通のロックじゃないけど


大人・・・1stに比べて落ち着いた感じ??お気に入りは喧嘩上等、スーパースター、ブラックアウト、黄昏泣き、透明人間、手紙、、、てか、全部?wボクはこっちのほうが好きです。
特に、手紙、のギターとか、大好き。細かい話をすると、2分46秒のとこのギターに萌えましたw最後の方のソロも好き。



全体的に、バンドになってもソロ名義のときとあんま変わってないかなーって感じですかね。独特な感じで。ピアノ入ってきたり。おしゃれなリズムとか。コピーできなさそうwてか、椎名林檎が、誰と組んでも、椎名林檎以外にはならないんでしょうw

で、アルバム、曲名は1~12、1~11でそれぞれ対称になっている!!って、常識??(例:「教育」の場合、5「クロール」←→8「サービス」6「現実に於いて」←→7「現実を嗤う」)!!ちょっと面白い。それだけだけどw

あと、「教育」では演奏時間が秒の単位まですべて5以下の数字になってるけど、これも狙ってんのかなw


椎名林檎名義のときより歌詞もいいかもしんない、よくわかんない歌詞がなくなってるw

中国語統一試験

経済学部中国語履修者には、こんなものが課せられていたのでありますよ。

テストは授業中に行うので、中国語を2コマ履修してるまじめなボクちゃんは、2回この統一試験を受けさせられたわけです。


ボクは、火曜日に一コマ受け、まあまあ、、、、といった感じのできでした

んで、木曜に2回目受けたわけですよ。


・・・・・・・・


問題、一緒!!


しかも、先生が答え教えてくれるしw

大学の授業って、とことん先生によって左右されるもんだと痛感しましたね。


満点確定です、ごめんなさいw




えっと。。。w

awa教授による英語特別講義

場所:学食
授業料:CCレモン(!!)
時間:4限
履修者:1名


を受けてきました!それまで9時から3限まで予習してたんよw


いやーマジで助かったよ、、、すんげー親切に教えてくれるんだ。。。ありがとう!

今後もお世話になります。。。でも、今度からは女の子に教えたほうがいいよw 

__________________________


学食でケーキ食ってしまったよ、、、甘い誘惑と、100円という安さに負けましたw
でも、おいしかったからいいや。てか、あれで100円て相当安いと思うんだが・・・どうなん??




田中君!!

なんチュークジ運してるんだ

4年後の楽天

先発:岩隈、一場、田中、ハンカチ、片山、森福、、、


どこの投手王国www


でも実際鬼のような先発陣を揃えてるホークスが優勝できないリーグだからね。。。

明らかにセリーグより豪華。




んで、楽天イーグルスは高校生を二人しか指名しませんでしたが、二人とも楽しみだな!!

↓3巡目氏名の山本捕手の情報
http://youtube.com/profile_videos?user=chakedo


マニアックで申し訳ありませんでしたw


2学期始まりましたね。時間割はゆるゆるです

月曜日:1、英語セミナー 2、音楽
火曜日:2、計量経済学概論 3、中国語?
水曜日:1、英語セミナー 2、ジェンダー論 4、awa教授による英語
木曜日:1、中国語? 2、ミクロ経済学 3、英語リーディング
金曜日:自宅学習日

てな感じです。2,2,2,3、0。。。。

まあ1限多いから気いつけます
うまい具合に火曜木曜3限までで自習もできるw

ドラフト!!

ここんとこパソコンの調子が悪くてインターネットにつながりませんでした。。。


同じLANカード使ってるのに、家のほかのパソコンは繋がるのに俺のPCだけはじかれてしまうようになっていたのだ!!



というわけでノートパソコン初期化しました。外付けHDD買っといてよかった




夏休みはこんな感じで終わりましたw

まあ去年よりは充実してたかな、練習も出たしw

ホントはもっと勉強したかったんだが。。。まあこれからだ!


今日の1限はミッシェル君と同じ英語の授業でした。マジで授業中英語だけだったぞ、、、生徒呼ぶときだけ「○○君」(日本語)になるといういやらしさw

マジで残り25回の授業、生き残ろう、1限だしマジでえぐそうだが、、、俺たちにはawaがついている



てか、今日は高校生ドラフトじゃないか!!


田中君、カマーーン!!!
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ